たくさん泣いて元気になる絵本2017/05/17 10:17:51

絵本を買う時って・・・

どんな時だったろう・・って考えていました。

子供の頃は、学校の図書館で読んでいたり
誕生会のプレゼントで。


今は・・

前評判で本は買わないなぁ・・
本屋さんで購入することもなくなったし・・

たいていが、ふらりと立ち寄ったブックオフの店先や
イベントで見かけたディスプレイで

その時、琴線に触れたもの。

そして、その見つけたときの本は

間違いなく啓示のように
見るべき時にみた!みたいなタイミング。

つい先日も、施設に行く途中に見つけた絵本。

この絵本の表紙のくまの寂しげな表情が気になり
ペラペラ中をめくってみると・・・

1ページ目で
涙がブワーってあふれだしてきて、

立ち読みなんてできる状態じゃなくなり
気を落ち着かせ、手で涙を拭いて

会計しました。

涙目の私・・ちょっと恥ずかしかったです。。

くまとやまねこ
ページをめくると
静かに眠る小鳥・・永遠の眠り
くまとやまねこ
これを見ただけで泣けてしまう・・・
くまとやまねこ

モノクロの絵本は終盤にはピンク色のさし色

この絵本は、身近な人が亡くなって、3年目くらいに読める絵本かもしれません
たくさん泣いて、主人公に同化して、そして今を生きる、生きている私・・みたいな。

時にはたくさんたくさん泣いて、心の浄化も必要だと思うのです。
本当に素敵な絵本に出会えました。

この日購入の絵本は2冊

また、引き寄せがあるといいな、素敵な言葉に。

家の風入れと確認へ2016/03/18 23:12:04

今日は朝一から、狭山へ
ルルはお留守番

出かけるのがわかるようで
ルルも不安顔

でもいい子でお留守番できたようです(^-^)

狭山のお部屋もすこしづつ片付けしましょう。
玄関の壁塗り~またやろうかな(^-^)

手ばなすことができなかったもの
やっと手放す決心

家ではありませんよ~
私の宝ものの話

宝ものも、大切しないと
手元から離れていくということが
ようやくわかったから・・・

実は、マンションの玄関横にダンボール放置していた
大好きな食玩で
キューピーレアの箱未開封ものと
鉄人28号の箱未開封もの
昭和の縁日シリーズ保管箱いり
わかっているだけで5点ほど
忽然と、マンション耐震構造点検修理の後紛失

嫌な予感がしてたけれど
まさか・・・

もしかして私の勘違いで
狭山にもっていったかも?と淡い期待を抱きつつ・・
でも、やっぱり

あの、誰かこの場所の配置かえた?という嫌な予感は的中

外に出していた(マンションの家の敷地内)私が無防備で悪い
でも、それ泥棒だからさぁ~

もう、ネットオークションとかで売ってしまったんだろうなぁ・・

悔しいのを通り越して

天誅遠隔操作したいくらいよ~

これから大規模改修もあるし
業者は絶対信用しないぞ!

そういう人が紛れ込んでマンションに出入りすることが
わかったし。

でも、一番は大切なものは自分でちゃんと管理
詰めの甘かった私が一番わるい


さようなら~私の宝もの


さて明日は中野へ
久しぶりにのお墓参り

連休は、ご先祖様に手を合わせましょう。

そばにいるのかな2015/08/21 09:12:14

たったの3日
チョビの気配さえも感じられず
悲しい・・さびしい・・・って・・泣く

でも、現実を受け入れないといけないんだ



今朝は、眠くて眠くて起きられず

一度起きて、ご飯の支度して、にいにを見送り

チョビの祭壇の下で2度寝していると

ブ~ンと小さな羽音
蚊!?

その瞬間

ニャァ~ってチョビの声

えっ!!

ちょっちゃんなの?!

飛び起きる

蚊もいないけれど

チョビもいない

だけどちゃんと、声が聞こえた

「いつもそばにいるよ、ねえね」そういうことなのかな?

そういえば、昨日テレビを見ていて
猫がたくさん出てきて
音声はない画像なのに
ニャ~って確かに聞こえて

え??って・・・

あれもチョビだったのかな?



あれほど眠かった睡魔は消えて

ご飯も食べて、庭のゴーヤに水まきして・・・

いつもよりたくさんの花が咲いていることに気づく
いや、それ以上に庭の木々はいつもより
輝いている

チョビマジックなのかな・・



チョビがそばにいることが分かったから
また、いつも通りに戻らなくちゃね



でも、チョビのものはかたづけない
ずっとこのまま

このままでいいんだ

だって、いるんだもの

かぶれた(T_T)2014/12/28 20:59:05

8月後半から、毎日貼っていた湿布薬・・・

ついに皮膚に異変が(^_^;)

そうよね・・・そうなるとは思っていたけど

まさかこんなひどくなるとは・・

ザラザラで、真っ赤で、痛痒い(T_T)

こうなると、湿布薬は貼れないし
痛み止めを飲むのも、限界があるし・・

次、何かいい方法を考えよう~

そう言えば・・一番最初に
痛み止めと、座薬が処方されたっけ・・・

座薬は使いたくなくて、湿布薬にしてもらったけれど
高齢者の肌とかには、湿布薬は使えないかも・・・

いろいろ薬も大変なのね・・・

自然治癒するには
筋力をつけるのが一番らしい・・・

痛いけど歩くの?う・・・ん・・・

明日は、関東平野も雪の予報
雪、積もらないでほしいなぁ・・・

腰痛で思うこと2014/12/03 11:34:23

シルエット
昨日は、湿布薬を四分の一にカットし
痛みのピンポイント部分を探しあて、貼って

一日自分治験

結果、

1枚のおおきな湿布をはらなくとも
4分の一の湿布でも
十分効く(個人差があるとおもいますが)ということが。

最近、すごく集中力が増してるけど
もともと、そういうタイプではないので
これは、痛みどめの副作用か?

この状態が続くのは
もしかしたら脳神経細胞によくないかも・・と

少しずつ、薬をへらして治す方向に、自分治験していきます。

人は、個々みんな違うので
薬の効きかたも、治癒能力も、痛点の感じ方も違うはず

自分に合った量で、痛みが取れたらそれが一番


しかし、自分がこういう痛みと対峙して
昔の人は、本当につらかっただろうと・・・

腰痛なのに野良仕事、子守、挙句は
口減らしで、雪の降る中峠道を歩いて巡礼・・

この悲しみや辛さ・・現代人には想像つかないと思うけど
ほんの少し前に日本だもの・・・


父も、ひざに水がたまって抜きに行ったり
腰痛ベルトをしながら
始発電車で通勤していたっけ・・

私たちの前では決して、弱音を吐かなかったけれど
本当はすごく痛かったんだろうと・・

今更ながら、頭が下がります・・・

自分がこうなって、しみじみ親のありがたさを痛感しました。

お父さんの苦労
お母さんの苦労

わかってあげないとね・・・

若返りや再生の細胞ができても
痛みや老いを止めることは、まだできないと思うし

いなくなって初めてありがたさがわかるから
永遠はない方がいいと思う・・




葉の落ちた木々の樹幹を見るたび
人間の神経を連想する
本当に作りがそっくり・・
人体模型の本、また読みかえそう・・・