なるほど・・2017/11/16 09:50:00

たわいもないことで、子供同士が言い合いをしていて

その様子を見守りしていたときのこと。

言葉に言い負かされてしまった一人が
シュンとうなだれていたので

気持ちが落ち着いたかな?と思うところで

「気持ちわかるよ・・・」と、わたしがつぶやくと
(この声かけは間違っていましたね)

「今の僕の気持ちなんて、わかるわけないよ」
「わかったようなこと言わないでよ!」と4歳の子供に言われました。

4歳って・・・こんなに大人なの?

わたしの4歳・・何していただろうと?遠い目になってしまいました。

かと思えば、もう一人の子は
絵本をもってきて何が好き?って聞くので
私は猫が好き!
〇〇くんは何が好きなの?と聞けば
ペンギンとアヒル!かわいいから大好き!と
何ともかわいらしい答えが。

子供も大人も地球上の生き物すべて、十人十色か・・・

子供をもって、もしくは子供から学んで
大人になる・・そんな気持ちになった一瞬でした。

子供から日々勉強させていただき

私も大人になる日は近い・・・のかな・・・・(笑)

児童心理を学ぶ生きた実習

この子の気持ちの奥に入っていきたい

こういう時はどうする

どういう対処をすればよかった?



本当の意味でのセラピーって
この年齢から始まっている気がします。
大人になってから行き詰る人も多いのですが

ことの起こりは幼少期

児童心理学なしに、
セラピーのことを語れないな・・と心底思った日でした。

0歳のお部屋で、できることの多さを目の当たりにし
1歳のお部屋で覚える能力の速さにびっくりし
2歳で完全に赤ちゃんからの脱却を目の当たりにし
3歳から5歳のお部屋で日々の成長の目まぐるしさを確認

この5歳までの間に人格形成ができていくような気もしてきました。
後は、そのあとの教育や環境

家庭での子供と
大勢の中での子供は全く違う表情を見せているのも
本当に勉強になる生きた実習です。

この経験が次の役に立ちますように。

12月から学びの日々、来年に向けて頑張ろうっと・・・


今日は個人アクセサリーレッスンでした。
昨日はシニアクラフト教室のボランティア

どちらも85歳から90歳
できることを、のんびりと
そしてワクワク楽しくが合言葉のゆる~いお教室

人生の大先輩たちの言葉は、生き字引

まだまだひよっこの私が教えているというより、

私が学びをいただく教室です。